全国対応34年のキャリア公平中立な第三者機関『日本交通事故鑑定人協会』

ECU(エンジン・コントロール・ユニット)とは

現在の車は、コンピューター化された状態で作動しています。

ECUとはエンジン・コントロール・ユニットであり、またエレクトロニクス・コントロール・ユニットとも言います。


ECUは、エンジンだけでなく、駆動や制動、操舵にまで及び、コントロールすることができます。

いわゆる電子制御装置です。


ECUは取り外すこともでき、また書き換えることも可能です。


これらの扱いにおいては、厳重に慎重に行わなければならず、下手な扱いであれば、破損やデータの損失になりかねません。



ECUの保全・保管

データのある証拠であるため、徹底して保全措置を取る必要があります。


当協会では、交通事故の証拠を保全するために、データ(ECU)をお預かりし、厳重に保管をしております。



取り外し・保管は、当協会へ

取り外しの際は、当協会へお申し付け下さい。


『大切なデータは、誰にも見せない、渡さないようにすること』

『必ず当協会の立ち会いの元、取り外しを行うこと』


証拠の扱いは、決して誤らないことが、大変重要なのです。


ECUの扱いに関しては、当協会(第三者的な立場の調査機関)まで、ご相談下さい。


日本交通事故鑑定人協会は、年中無休で、業務を行っております。

メールは24時間受付、調査は土日祝日も行っております。

全国どこでも対応致します。

日本交通事故鑑定人協会では、

・裁判をしないで

・弁護士を入れないで

・お金をかけないで

当事者たちが直接解決のために話し合う『賢者会議』を実施しています。

 

<違法行為を行う業者について>

日本交通事故鑑定人協会のホームページにあります画像を、勝手に無断で使用•転載•引用する業者が存在します。そのような著作権侵害の違法行為を行うサイトを見かけましたら、お手数ですが、ご報告下さい。

トップへ