全国対応34年のキャリア公平中立な第三者機関『日本交通事故鑑定人協会』

交通事故証明書とは

交通事故に遭ったら、すぐに警察に連絡(または届出)をします。

 

警察官が来て現場の確認をしたら、交通事故が起こった証明として、「交通事故証明書」が作成されます。

 

「交通事故証明書」は、自賠責保険や任意保険の請求の際に、必要な書面なので、交通事故に遭った時は、必ず警察に届出をしておかなければなりません。

 

 


「交通事故証明書」には、

  • 発生日時
  • 発生場所
  • 当事者の情報(名前・住所など)
  • 車両の情報(車両番号や保険の有無など)
  • 事故の種類

 

などが記載されています。

 


「交通事故証明書」の見本です。

 → 基本的な情報が記載されている書面です。

 

 


申請できる人は?

「交通事故証明書」を取得するために申請できるのは、基本的に当事者です。

 

その他、損害賠償を請求する際などの請求権者や保険金の受取人なども、申請できます。

 


申請方法は?

「交通事故証明書」を取得するには、最寄りの警察センターに、指定の申請用紙に必要事項を記載して、申請します。

申請できる最寄りのセンターは?

 

申請用紙は、警察センター事務所や警察署、交番や駐在所などに備え置かれています。

 

警察センターの窓口で申請する以外に、郵便為替を使って申請する方法、インターネットで申請する方法があります。

 


 

  1. 警察センターの窓口で申請する
  2. 郵便局で郵便為替を使用して申請する
  3. インターネットで申請する

 

詳細は、「交通事故証明書」の申請方法をご覧下さい。


日本交通事故鑑定人協会は、年中無休で、業務を行っております。

メールは24時間受付、調査は土日祝日も行っております。

全国どこでも対応致します。

日本交通事故鑑定人協会では、

・裁判をしないで

・弁護士を入れないで

・お金をかけないで

当事者たちが直接解決のために話し合う『賢者会議』を実施しています。

 

<違法行為を行う業者について>

日本交通事故鑑定人協会のホームページにあります画像を、勝手に無断で使用•転載•引用する業者が存在します。そのような著作権侵害の違法行為を行うサイトを見かけましたら、お手数ですが、ご報告下さい。

トップへ