全国対応34年のキャリア公平中立な第三者機関『日本交通事故鑑定人協会』

調査には測量を行う

日本交通事故鑑定人協会は、『測量調査ができる調査・鑑定』です

測量の調査とは、誰でもできる調査ではないのです。


交通事故の調査は、『傷を見るだけ』ではありません。


交通事故の現場にて、測量技術も必要なのです。


しかしこの測量ができるか、正しい測量の知識と技術を、交通事故鑑定人が持っているかが、鑑定を行う上で、とても重要なことになるのです。


交通事故の現場の測量

見通しの良い国道、大きな交差点、複雑な三叉路など、どのような事故現場であっても、測量調査は絶対に欠かすことはできません。


すでに事故車両が修理してあって、現物の車両がない場合であっても、現場の測量により、証明ができることもあるのです。


それほど重要な意味を持つ測量調査を、日本交通事故鑑定人協会では、必ず行っています。


細密測量が謎を解く

詳しい測量を行うことで、警察や保険会社の嘘がわかります。


測量を行うには、相当の知識や技術が必要で、誰にでもできるものではありません。


よく、簡単な絵図面により、車の位置や衝突位置などを示しているものがありますが、それらは、きちんと測量されたわけではありませんので、何の証拠にもなりません。


これでは、すぐに相手方に反論されることでしょう。


従って、当協会のような測量の知識を持った者により、現場できちんと計測されたものが、貴重な証拠となるのです。


日本交通事故鑑定人協会は、年中無休で、業務を行っております。

メールは24時間受付、調査は土日祝日も行っております。

全国どこでも対応致します。

日本交通事故鑑定人協会では、

・裁判をしないで

・弁護士を入れないで

・お金をかけないで

当事者たちが直接解決のために話し合う『賢者会議』を実施しています。

 

<違法行為を行う業者について>

日本交通事故鑑定人協会のホームページにあります画像を、勝手に無断で使用•転載•引用する業者が存在します。そのような著作権侵害の違法行為を行うサイトを見かけましたら、お手数ですが、ご報告下さい。

トップへ