全国対応34年のキャリア公平中立な第三者機関『日本交通事故鑑定人協会』

日本交通事故鑑定人協会の鑑定が必要な理由

警察のいい加減な実況見分調書(物損事故報告書)は、公平で中立に事故を調査してとは言えません。

さらに、損害保険会社が調査を委託した『損害保険リサーチ会社(損害保険調査会社)•アジャスター』の調査報告書は、「メジャーを当てた車両の写真だけしかない」、または「ただ、何となく車両の傷の写真を撮っただけ」の、鑑定の能力のない者が行った報告書となっています。

 

日本交通事故鑑定人協会による『科学鑑定』をもって、事故の再現、傷の解析が行われなければ、鑑定書とは言えません。

 

交通事故に遭ったら、どうすれば良い?

通常、事故が起きた場合に皆さんが行う処理の流れと、私どもが適切であると考えている処理の流れを、

下記の通り比較してみました。

 


通常の処理の流れ
 

交通事故が起こる

 

警察へ連絡

 

警察が現場で調査

 

 

保険会社へ連絡

保険会社の担当者が過失割合を提示してくる。

 

保険会社の過失割合に納得ができない。異議を申しても、聞き入れてくれない。

当方が勧める処理の流れ

 

交通事故が起こる

 

警察へ連絡・当方へ連絡

 

警察が現場で事故調査

記憶にないことは「覚えていない」とはっきり言う。

曖昧なことは「わからない」と言う。

鑑定士が事故現場に赴き調査

『交通事故鑑定書(意見書含む)』の作成

保険会社へ連絡
保険会社の担当者に『交通事故鑑定書(意見書含む)』を、証拠として提示する。

保険会社からの過失割合に納得できる結果となる。

 


『交通事故鑑定書(意見書含む』で、公平で納得のいく真実の過失割合に

交通事故の第三者調査機関として、真実の証拠集めを致します。

そして、納得できる過失割合に致します。

 

警察の「交通事故証明書」だけでは、何の役にも立ちません。

当事者たちが保険会社に対して色々と主張しても、果たしてそれが立証できるのか?

 

交通事故による保険会社の対応を、嫌というほど知り尽くした鑑定士による鬼の調査で、

被保険者が納得できる過失割合にしたいと思っております。

 

 


鑑定書とは、どういうものであるのか?

民事事件や刑事事件での裁判の際の鑑定書は、”書証”として提出されます。

裁判所の記録は、左綴じであるため、書面の左側に2カ所の綴じ穴を開け、表紙を付け『鑑定書』と題するのが、一般的なものになります。

 

そして、「この”書証”は、何を示すのか?」ということが、よくわかるようにするために、最初のページに、何の事件であるのかを記載し、鑑定人の名前を印字し(※直筆サイン•署名するのは、漫画の世界だけです…印字が一般的です。)、さらに横に職印を押印するのが常識です。

<鑑定書の”通し番号”について>

 

よく、裁判のことを知らない素人同然の自称交通事故鑑定人が、鑑定書の表紙に『No.0001』といった、これまでの自己が行った鑑定について、整理番号のように、順番に”通し番号”付けて、それをわざわざ鑑定書に記載しているのを見かけますが、これは全く意味のないことです。

 

裁判の書証(証拠資料)は、原告側が提出したものであれば『甲第○号証』、被告側の提出したものであれば『乙第○号証』と、それらはゴム印で押されるなどし、訴訟法に従った手続きでの扱いとなっています。

 

鑑定書に、鑑定人だけがわかる”通し番号”を記載したところで、裁判所や原告•被告にとって、何ら意味を持つものではないので、この”通し番号”は記載すべきではありません。

 

裁判の手続きについて、よく知っている鑑定人であれば、この”通し番号”は記載していません。

 

”通し番号”を記載する慣習があるのは、漫画の世界だけです。

 

このような、わずかな些細なことからも、交通事故鑑定人の力量がわかるものなのです。

 

〜日本交通事故鑑定人協会は、民事事件、刑事事件に、精通しています。〜

 

 

<とても鑑定とは言えない、『悪い鑑定書』とはどんなもの?>コピペ、物理の公式… 

 

自称交通事故鑑定人の書く鑑定書もどきは、頭の悪い大学生の論文と同じで、過去に他人が書いた文献や論文から、都合の良い箇所だけ拾い集め、そしてなぜか、物理の公式を並べる…という、一笑に付す意味不明な構成になっています。

 

このようなインチキ鑑定書は、書いている本人が、何も専門知識がなく、実際の車両を使った実証実験の経験のない者達によって作られています。

当然に、このようなインチキ鑑定書は、裁判では相手にもされず、良い結果が出ることはありません。

 

 

<ページ数が少ない、ぺらぺらの鑑定書など最悪>

 

そもそもインチキ鑑定書は、最初からまともな論拠がありませんから、ページ数が少ないのが特徴です。

裁判で、相手方の書証として、自称交通事故鑑定人のインチキ鑑定書を見る機会が多いのですが、総ページ数が2ページしかないものや、多くても15ページしかない…のです。

 

皆様は、何も知らずに、このようなインチキ鑑定に、数十万〜100万円もの大金を支払っているのです。

まともな交通事故鑑定人なら、最低でも40ページはある鑑定書を書くでしょう。

 

日本交通事故鑑定人協会の信頼ある鑑定書は、50ページ以上あります。

もちろん民事裁判だけでなく、刑事裁判の証拠としても、有力な鑑定書となります。

 

「日本交通事故鑑定人協会の鑑定書は、これだけの鑑定書だから、高いのでは…?」と思われるでしょう。

いいえ、日本交通事故鑑定人協会の鑑定書の作成費用は、55,000円だけなのです。

 

〜費用について、詳しくは、こちらをご覧下さい〜

 

日本交通事故鑑定人協会は、年中無休で、業務を行っております。

メールは24時間受付、調査は土日祝日も行っております。

全国どこでも対応致します。

日本交通事故鑑定人協会では、

・裁判をしないで

・弁護士を入れないで

・お金をかけないで

当事者たちが直接解決のために話し合う『賢者会議』を実施しています。

 

<違法行為を行う業者について>

日本交通事故鑑定人協会のホームページにあります画像を、勝手に無断で使用•転載•引用する業者が存在します。そのような著作権侵害の違法行為を行うサイトを見かけましたら、お手数ですが、ご報告下さい。

トップへ