全国対応34年のキャリア公平中立な第三者機関『日本交通事故鑑定人協会』

損害保険会社•損害保険調査会社(リサーチ会社)が行う偽装工作

損害保険調査会社(リサーチ会社)の調査報告書には、偽装がずらり…

事故の調査は、損害保険会社の者が来て行うのではありません。

実際に調査にやって来るのは、損害保険会社から委託された別会社の損害保険調査会社(リサーチ会社)の調査員(アジャスター)です。

 

調査を行う損害保険調査会社(リサーチ会社)というのは、損害保険会社から雇われているので、損害保険会社の”下請け”と言えます。

”下請け”は、雇ってもらっている会社の言うことを聞きます。

雇ってもらっている会社の言うことを聞かないのであえば、”下請け”は、仕事をもらえなくなり、食べていけなくなります。

 

従って当然に、これら損害保険調査会社(リサーチ会社)の調査員(アジャスター)たちは、損害保険会社の有利になるような、様々な偽装工作を行っています。

 

損害保険会社は営利企業です。

利益を上げるためには、保険金を支払うことは、したくないのです。

 

損害保険調査会社(リサーチ会社)の調査員(アジャスター)は、事故の調査を行い、報告書を作成します。

その報告書には、車両の写真が並べてあります。

必ず、車両の側にメジャーをかざした状態で、撮影されています。

 

一見、それは単に”高さを表している”と思いがちですが、実は、寸法が損害保険会社に有利になるように撮影されているのです。

 

メジャーの当て方、写真撮影の角度により、思い通りの高さに

JIS規格でない、寸法を細工した自前のメジャーを使う”メジャートリック”まで

保険金を支払わないためなら、何だってやります。

 

<”メジャートリック”の内容>

通常であれば、損害保険調査会社(リサーチ会社)が作成した報告書の写真から見る車両の高さは、写真に写るメジャーから読み、そのまま『○○センチ』と、判断しますよね。

 

しかし、これを信じてはいけません。

 

メジャーを当てる角度により、数センチ〜十センチほど、簡単に細工することができるのです。

 

『傷の高さが一致しない』『事故と整合しない』などど言うために、偽装細工するのです。

 

さらに、最初から寸法をずらしたメジャーを作っていることもしています。

これは、JIS規格のメジャーではないです。

損害保険会社•損害保険調査会社(リサーチ会社)が、事故と合わないようにするために、自分たちで故意に作ったメジャーを使って測定するのです。

 

偽装したメジャーを使い、「ほら、寸法を見ると、事故と整合性がないでしょ?」と言ってくるわけです。

何とも悪質な、損害保険会社•損害保険調査会社(リサーチ会社)なのです。

 

調査員(アジャスター)の調査報告書は信じないこと

以上のように、調査員(アジャスター)の作成した調査報告書は、虚偽だらけです。

 

本当の寸法をしっかりと調査するために、実車(事故車両)は、事件解決まで、修理や処分をしてはいけません。

実車(事故車両)は、大事な証拠です。

 

実車(事故車両)があれば、調査員(アジャスター)の不正な調査、偽装工作を、暴くことができるのです。

 

日本交通事故鑑定人協会は、年中無休で、業務を行っております。

メールは24時間受付、調査は土日祝日も行っております。

全国どこでも対応致します。

日本交通事故鑑定人協会では、

・裁判をしないで

・弁護士を入れないで

・お金をかけないで

当事者たちが直接解決のために話し合う『賢者会議』を実施しています。

 

<違法行為を行う業者について>

日本交通事故鑑定人協会のホームページにあります画像を、勝手に無断で使用•転載•引用する業者が存在します。そのような著作権侵害の違法行為を行うサイトを見かけましたら、お手数ですが、ご報告下さい。

トップへ