全国対応34年のキャリア公平中立な第三者機関『日本交通事故鑑定人協会』

御用聞き鑑定とは?

依頼者の希望通りの鑑定を作成する、お金欲しさの交通事故鑑定人がいる

交通事故の調査・鑑定は、”公平中立”に行わなければなりません。

 

しかし、世の中には、『依頼者の主張通りの鑑定書を作成する』と都合の良いことを言い、勝手に交通事故鑑定人を名乗り、費用や料金欲しさに、業務をしている交通事故の鑑定人などがいます。

 

「お客様のご希望通りに鑑定書を作成致します」という、交通事故鑑定人のモラルを逸脱したものには、どうぞお気を付け下さい。

 

さらに、鑑定の料金・費用を徴収しただけで、調査の着手はせずに、鑑定書も作成しないという者もおり、逮捕者も出ております。


これらのような業務を行うということは、調査能力や鑑定書作成能力がないという表れであり、経営的にも行き詰まっている状態(依頼者やお客様が来ない状態)であるために、お金欲しさの御用聞きであり、大安売りをしているようなものです。


このような鑑定書を、保険会社や裁判所に提出しては、間違いなく、大恥をかくことになります。

 

また、このような行為は、保険金詐欺者の主張する通りにも、鑑定書を作成するということになります。

保険金詐欺者の片棒を担いでいると、同罪を背負っていると言っても、過言ではありません。

 

 

交通事故鑑定人というのは、誰にでもなれるものです。

「私は、今から交通事故鑑定人になる!」と言えば、交通事故の調査や鑑定ができるのです。


しかし、交通事故鑑定人に実力があるのか、まともに鑑定できるのか、どういうところで判断すべきかは、

  • ホームページなどにきちんと鑑定料金表を提示している
  • 鑑定料金が一律(定額)である

などからも、垣間みれるかと思います。

 

 

当協会は、御用聞き鑑定ではありません

当協会の交通事故の調査・鑑定は、”公平中立”に行っております。

 

従いまして、ご依頼者様の主張通り・ご希望通りの鑑定書を、作成することはできません。

 

交通事故の32年の調査実績のある当協会の調査には、自信を持っております。


大きな事故でも、小さな事故でも、死亡事故調査でも、軽い接触などの物損事故などでも、調査・鑑定費用は、一定の金額66,000円(税込)です。

料金についてはこちらをご覧下さい。

 

また、当協会が作成した交通事故鑑定書は、裁判所へ提出する鑑定としてもご利用頂けます。

 

『裁判用の鑑定書は別途料金』などと謳う、交通事故の調査会社や鑑定人もいるようですが、当協会は、はじめから裁判所にも提出して頂ける鑑定書を、作成しておりますので、裁判で使える鑑定書のために、余計に料金・費用がかかってしまうということはなく、1件のご依頼に対し、一律(定額)66,000円(税込)です。

 

 

 

日本交通事故鑑定人協会は、年中無休で、業務を行っております。

メールは24時間受付、調査は土日祝日も行っております。

全国どこでも対応致します。

日本交通事故鑑定人協会では、

・裁判をしないで

・弁護士を入れないで

・お金をかけないで

当事者たちが直接解決のために話し合う『賢者会議』を実施しています。

 

<違法行為を行う業者について>

日本交通事故鑑定人協会のホームページにあります画像を、勝手に無断で使用•転載•引用する業者が存在します。そのような著作権侵害の違法行為を行うサイトを見かけましたら、お手数ですが、ご報告下さい。

トップへ