全国対応34年のキャリア公平中立な第三者機関『日本交通事故鑑定人協会』

工学鑑定のウソ

工学鑑定で、交通事故鑑定はできない

インチキ鑑定は、”物理の公式”が好き

一般的な、自動車事故のおける工学鑑定とは、『瞬間速度』『加速度』『反発係数』『摩擦係数』『時間経過』『衝突の熱損失によるエネルギーの減少』など、これらのいくつもの要素を割り出し、計算するものです。

 

使われている計算方法は、物理の公式です。

 

ところが、通常の交通事故では、上記のような要素は、一つもわからないのが当然であるのです。

 

 

例えば、摩擦係数を求める際、路面とタイヤの摩擦係数の場合、その際のタイヤ一つを上げてみても、随分と、その状況に相違があるものなのです。

•タイヤの摩耗状況(すり減っているか、すり減っていないか)

•タイヤのゴムの劣化状況(新しいタイヤか、古いタイヤか)

•タイヤのゴムの質の状況(硬いゴムか、柔らかいゴムか)

などです。

 

これらの相違は、計算では出せません。

 

入力不可能な不確定要素が存在する場合、物理の公式は役に立ちません。

 

 

難しそうな物理の計算式を並べると、最もらしく見え、いかにも専門家らしい『鑑定書』に思えることでしょう。

しかし、その鑑定書を見た私たちは、何のことかさっぱりわからないですよね。

 

いい加減である内容を隠すために、”カムフラージュ”で、物理の公式を並べることが多いのです。

「物理の公式は、誰も理解できない」ということがわかっているから、敢えて並べ立て、誤摩化しているのです。

 

鑑定を依頼した事故当事者ももちろん、弁護士や裁判官にだって、意味不明の鑑定書です。

 

交通事故の鑑定書というのは、被害者•加害者の争いの証拠となるものですので、万人に理解できて、説得できるものでなければ、鑑定書とは言えません。

 

しかし、現実には、知識や技術のない”自称交通事故鑑定人”たちが、この”物理の公式”が、大好きなんです。

 

”インチキ鑑定人”や”自称交通事故鑑定人”のホームページには、”物理の公式”が、誇らしく並べられていますが、私どもから言わせると「誠に滑稽である」の一言に尽きます。

 

実に、ひどい鑑定です。

 

『想像』や『思いつき』『思い込み』から行う、”インチキ鑑定”は、最悪…

 

交通事故の鑑定は、車体の傷や凹み、被害者の身体の傷だけから、真実を突き止めなければなりません。

 

なのに、実は、警察の事故調査でも、『想像』『思いつき』『思い込み』だけで、鑑定もどきをしているのです。

 

例:①一般人と暴走族風の若者であれば、見た目で、暴走族風の若者を加害者であると決めつける

②スポーツタイプのバイクとお買い物タイプのバイクでは、スポーツタイプのバイクの方が、スピードが出ていると決めつける

③事故と関係のない傷も、今回の事故で付いた傷であると決めつける

 

このように、証拠のない”空想ごと”では、正しい鑑定はできません。

 

また最近では、交通事故をパソコンで再現できるソフトもあります。

しかし、これは実用性が低く、一つの目安程度にしかならないものです。

 

全国の警察の中には、このソフトを使用しているところもあり、その手法に、大いに疑問を感じています。

なぜならば、入力要素に不確定な要素があった場合、このソフトのシュミレーションに当てはめても、役に立たないからです。

 

では、本物の交通事故鑑定の手法とは

交通事故の解明は、私ども日本交通事故鑑定人協会のように『科学鑑定』により、行うべきです。

 

『科学鑑定』というのは、過去に収集した5,000例を超える交通事故の調査や、実証実験のデータから、交通事故の瞬間に、何か起こったかを、特殊な機器を用いて、特定する鑑定方法です。

 

車体の傷や凹みが形成された、その事故の瞬間を捉えなければ、正しい交通事故の鑑定はできません。

 

交通事故の解決は、「事故の瞬間を解明できるかどうか」に、かかっているのです。

 

私ども日本交通事故鑑定人協会が、独自の研究により編み出した『科学鑑定』は、門外不出のテクニックであり、”インチキ鑑定人”や”自称交通事故鑑定人”には、この『科学鑑定』の技術がないので、皆様には、ご注意頂きたいと思います。

 

『科学鑑定』には、特殊な機器を使いこなす必要があり、現在ではこの『科学鑑定』ができるのは、私ども日本交通事故鑑定人協会だけであります。

 

実は、私ども日本交通事故鑑定人協会は、数々の実証実験を繰り返し、物理法則との整合性を確認しつつ、これらの『科学鑑定』を確立したのです。

 

ここで、「実証実験がいかに大事であるか」のお話を致します。

 

有名なスタントマンと、大学で交通事故を研究する教授のお話です。

 

大学の教授は、交通事故を解明するために、木で車の模型を作り、その木の車にはヒトに見立てた錘を乗せて、坂道を走らせては、車の加速度と衝突の実験をしていました。

 

その後、今度は、スタントマンにより、実際の車とヒト(スタントマン)を使い、同じような実証実験をしてみました。

 

なんと、木の車の場合と、実車とヒトを使った実証実験の場合とは、全く違う結果になったのです。

 

当然に、この大学の教授は、物理の法則についても熟知していたにもかかわらず、物理の公式に当てはめても、実際の事故を再現できませんでした。

 

なぜかというと、入力不可能な不確定要素が存在したからです。

 

実証実験の重要さが、際立った事例であります。

 

最後に、”工学鑑定”と”物理の法則”に思うこと

『工学鑑定』『物理の法則』を主体にした交通事故鑑定は、証拠の能力は、ほぼないです。

 

なぜならば、裁判官も弁護士も、それら絵空事の鑑定結果を、正しいとは思っていないからです。

 

 

 

事実、裁判では、このような『工学鑑定』による事故の証明をしても、負けている場合が多いのです。

 

裁判に勝てないということは、『工学鑑定』は、全く役には立たない鑑定であるという結論です。

 

日本交通事故鑑定人協会は、年中無休で、業務を行っております。

メールは24時間受付、調査は土日祝日も行っております。

全国どこでも対応致します。

日本交通事故鑑定人協会では、

・裁判をしないで

・弁護士を入れないで

・お金をかけないで

当事者たちが直接解決のために話し合う『賢者会議』を実施しています。

 

<違法行為を行う業者について>

日本交通事故鑑定人協会のホームページにあります画像を、勝手に無断で使用•転載•引用する業者が存在します。そのような著作権侵害の違法行為を行うサイトを見かけましたら、お手数ですが、ご報告下さい。

トップへ