全国対応34年のキャリア公平中立な第三者機関『日本交通事故鑑定人協会』

日本交通事故鑑定人協会が行う実証実験

事故の立証をするために、プロ集団が再現実験を行う

交通事故の立証をするために行うのが、実証実験です。

 

実際に、事故車と同じ車種を用意し、スタントマンによって、事故を再現します。


衝突の位置が正確に再現されるように、綿密な打合せの上で、テストを何度も行い、いざ、本番の実験に挑むことになります。

 

 

衝突の際の、『入力角度は合っているか』『速度がきちんと出せるか』『果たして、事故と同じ結果となることができるのか?』

実証実験が正しい再現となるか、プロのドライバーにもご協力を頂き、実験を行います。

 

実証実験には、広い場所が必要

 

実証実験は、公道ではできないので、私有地などの広い敷地を使って行います。

 

時には、時速50kmが出せるような、広大な敷地の確保などが、実証実験では必要となります。

 



日本交通事故鑑定人協会は、年中無休で、業務を行っております。

メールは24時間受付、調査は土日祝日も行っております。

全国どこでも対応致します。

日本交通事故鑑定人協会では、

・裁判をしないで

・弁護士を入れないで

・お金をかけないで

当事者たちが直接解決のために話し合う『賢者会議』を実施しています。

 

<違法行為を行う業者について>

日本交通事故鑑定人協会のホームページにあります画像を、勝手に無断で使用•転載•引用する業者が存在します。そのような著作権侵害の違法行為を行うサイトを見かけましたら、お手数ですが、ご報告下さい。

トップへ