全国対応34年のキャリア公平中立な第三者機関『日本交通事故鑑定人協会』

ドライブレコーダーの解析は、日本交通事故鑑定人協会まで

日本交通事故鑑定人協会では、ドライブレコーダーの解析を行っています。

 

ドライブレコーダーは、車内から広角で撮影されるもので、事故時には、このドライブレコーダーで撮影記録された映像が、証拠として、非常に役立つものであると思われています。

 

しかし、実際に、動画を再生して見ると、『道路の中央線をはみ出しているのか、あるいは、はみ出ていないのか』など、わからないことが多いのです。

 

従いまして、事故時には、警察や保険会社も、これらドライブレコーダーを見て解析しようとするのですが、撮影された動画からは判断できず、結果は「わからない」ということになっている状況です。

 

これでは、事故の解決にはなりません。いつまで経っても、過失割合も決まりません。

 

では、どうすれば良いのか?

 

ドライブレコーダーとは、メーカーによっても様々であり(高品質•低品質)、また設定の方法が的確かどうか、さらにレンズの焦点距離によっても、映り方に差が生じます。

 

警察や保険会社では、ドライブレコーダーの解析は、できません。

 

ドライブレコーダーをよく理解している日本交通事故鑑定人協会でないと、解析はできません。

 

せっかく撮影されているドライブレコーダーがあるのでしたら、解析は、日本交通事故鑑定人協会まで、ご依頼下さい。

 

ドライブレーコーダーの利点と欠点

ドライブレコーダーの利点

 場所・時間・スピード・ウィンカー・ブレーキなどの状況が記録できる 

 車に不在時でも、当て逃げなどの記録が可能である
 歩行者や自転車の状況が記録される
 記録されるということで、ドライバーが運転に気を付けるようになる

ドライブレコーダーの欠点

 画質の影響で、ナンバープレートなど映ってないこともある 
 LED信号に対応できない機種もある
 取り付けた前方のみの記録しかない
 夜間や雨の日は、映像が鮮明でない

 自分に不利な状況も記録されている

ドライブレコーダーは、画像の改ざんもできる

ドライブレコーダーが、「自分に過失がない」という証拠を示すために活用できるのであれば、それはとても役に立つものです。


しかし場合によっては、不利な状況が記録されていることもあるのです。

  • よそ見をしていた
  • 携帯電話を操作していた
  • 助手席に置いた荷物を触っていた

 

このようなことを隠蔽するために、画像の改ざんをしてしまうこともできるのです。

→ドライブレコーダーのデータに信憑性があるのかという疑問




ドライブレコーダーの提供が、仇となることも…

自分に完全に落ち度がない場合、ドライブレコーダーの記録を堂々を提示する必要がありますが、

相手方(保険会社)や警察に、データを提供したことにより、改ざんされる恐れもあります。

 


従いまして、事故後すぐに警察や保険会社に、ドライブレコーダーの記録を提供しないで下さい。


ドライブレコーダーのデータは、大切な証拠です。

簡単に見せたり、提供したりしてはいけません。



また、ドライブレコーダーがあるから、「全て証拠が記録されていて安心」ではないのです。

交通事故調査の分析は、経験を積んだ専門家でないと判明し得ない場面もあります。

自信満々にドライブレコーダーを公開したのだが、微妙な映像から、逆に自分に不利な状況を指摘されることになり、墓穴を掘る結果になることもあり得るからです。

 

交通事故の調査・分析は、どうか私ども調査専門家の指示に従って下されば、幸いな結果となるはずです。

 


交通事故鑑定により、新たな証拠を見つけること

このように、ドライブレコーダーの存在は、時には、自分を不利に誘ってしまうことにもなります。

 

ドライブレコーダーだけに頼るのは、大変危険なのです。


では、どのように扱えば良いのか?


ドライブレコーダーは、いくつかある証拠の一つであるということ。


従って、交通事故の科学的な調査鑑定により、事故現場の調査や車両の傷跡などから、最も重要な真実の証拠を見つけ出すことが、何よりも最善の策であると言えるのです。


 


日本交通事故鑑定人協会は、年中無休で、業務を行っております。

メールは24時間受付、調査は土日祝日も行っております。

全国どこでも対応致します。

日本交通事故鑑定人協会では、

・裁判をしないで

・弁護士を入れないで

・お金をかけないで

当事者たちが直接解決のために話し合う『賢者会議』を実施しています。

 

<違法行為を行う業者について>

日本交通事故鑑定人協会のホームページにあります画像を、勝手に無断で使用•転載•引用する業者が存在します。そのような著作権侵害の違法行為を行うサイトを見かけましたら、お手数ですが、ご報告下さい。

トップへ