全国対応34年のキャリア公平中立な第三者機関『日本交通事故鑑定人協会』

お問い合わせ(ご依頼に関するお問い合わせ)

日本交通事故鑑定人協会にメールでご連絡頂きました際は、24時間以内に、事務局からお返事しております。

事務局からの返信がない場合は、ご入力頂いたメールアドレスが、間違っている可能性があります。 

 

また、お使いのパソコンやプラウザのバージョンにより、下記のフォームからは、うまく送信できない場合もあります。

下記フォームから送信後、当協会から、回答がない場合は、送信できていない恐れがあります。

送信できない場合は、こちらからお送り下さい。

 日本交通事故鑑定人協会<hosyo0001@gmail.com>

 

メールアドレスは、お間違いのないよう、ご入力下さい。

間違いがあると、当協会から回答の返信ができません。

また、受信の制限をされている場合、当協会からのメールが送れないことがあります。

お問い合わせの際は、受信設定の制限の解除をされてから、お申し込み下さい。

 

よくメールを頂きます内容に「裁判にしたら勝てるか?」というのがありますが、私どもは調査鑑定機関ですので、法的なご質問は弁護士にご相談下さい。

 

また「相手方の主張に対し、何と言い返したら良いのか?」「保険会社の対応などの、アドバイスをお願いします」「和解した方が良いか?」…などと、専門家の意見だけをちょっと聞いてみたいという内容のお問い合わせがありますが、まだご依頼を頂いていない段階であり、さらに調査もしていない状況ですので、お問い合わせのみでの、技術的な回答は致しかねますことも、ご理解下さい。

 

さらに、お問い合わせの段階で、勝手に資料や画像を送って来られて「アドバイスを下さい」という非常識な方もおられます。

資料やお写真・画像などは、私どもがご依頼をお引き受けした後で、お送り頂く指示をしております。

私どもが、まだ指示をしていない段階で、勝手に、資料や画像をお送りすることは、常識的なマナーとして、お控え下さい。

 

 

鑑定費用の費用については、こちらのページに記載しております。

 

なお、『ご依頼のお申し込み』は、こちらからお願い致します。

 

技術的な内容のお問い合わせをよく頂きますが、まだ調査をしていない段階でありますので、無責任にお答えができないことをご理解下さい。

鑑定のご依頼の場合の、『手続き上のお問い合わせ』(例:「依頼したら、どのような流れで調査まで進められるのか?」「今、依頼をすれば、いつ頃調査が可能か?」など)に関してご不明な点など、お問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

お問い合わせに関しまして、私どもからの回答しましても、その後、特にお返事がない場合もあります。

回答後、数日経過しても、お返事がない場合は、個人情報保護のため、お問い合わせ内容は全て消去致しますことを、あらかじめ、ご了承下さい。

 

お返事なき期間を経過して、再び、ご連絡を頂きます場合は、最初からお問い合わせ下さい。

 

また、交通事故の当事者の方からのお問い合わせの場合は、全ての方に、ご本人確認をさせて頂いております。

ご本人確認ができない場合は、ご依頼はお引き受けできかねます。

 

 

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

日本交通事故鑑定人協会は、年中無休で、業務を行っております。

メールは24時間受付、調査は土日祝日も行っております。

全国どこでも対応致します。

日本交通事故鑑定人協会では、

・裁判をしないで

・弁護士を入れないで

・お金をかけないで

当事者たちが直接解決のために話し合う『賢者会議』を実施しています。

 

<違法行為を行う業者について>

日本交通事故鑑定人協会のホームページにあります画像を、勝手に無断で使用•転載•引用する業者が存在します。そのような著作権侵害の違法行為を行うサイトを見かけましたら、お手数ですが、ご報告下さい。

トップへ